このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

石幢

 石幢

名称 

石幢
(せきどう) 

基本情報

1537年 戦国時代

総高156.0センチメートル 

指定

市指定(昭和57年3月3日) 

所在地・アクセス

深岩457

JR鹿沼駅・東武新鹿沼駅前「東武新鹿沼駅」から古峰原行きバス
「鹿沼西小学校前」下車700メートル

案内図は、石幢案内図のページをご覧ください。

所有者

深岩自治会 

成り立ち・見所

材質は安山岩(あんざんがん)、銘文により天文(てんぶん)6年(1537)の造立と知られます。室町時代後半に栃木県を中心としてのみ分布する型の、典型的な形態を持つ石幢です。 8個の石を組み合わせた重制(ちょうせい)石幢で、上から宝珠(ほうじゅ)、請花(うけばな)、笠、龕部(がんぶ)、中台(ちゅうだい)、幢身(とうしん)、基礎で成り立ちます。宝珠、請花で1石、笠は六角形、六角柱の龕部には各面に地蔵を刻んで六地蔵を形成しています。中台は六角で下部は蓮弁(れんべん)を模していて、石臼状の円柱が3個組み合わされた幢身は、達磨(だるま)おとしを思わせる形状となっています。当時の石幢は故人の供養のために立てる石塔の一種で、この石幢の幢身には次のような銘文が刻まれています。
石幢の幢身の銘文


掲載日 平成22年8月26日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー