このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

医王寺五輪塔

医王寺五輪塔

名称 

五輪塔
(ごりんとう) 

基本情報

鎌倉時代 

指定

県指定(昭和52年9月13日) 

所在地・アクセス

鹿沼市北半田1250
 

東高野山医王寺
北関東自動車道「都賀インター」から約15分・東北自動車道「鹿沼インター」から約15分
東武日光線新鹿沼駅からタクシーで15分・東武日光線楡木駅から徒歩25分

より大きな地図で 鹿沼市文化財 を表示

所有者

宗教法人医王寺 

成り立ち・見所

五輪塔は、医王寺講堂西の歴代住職の墓地内にあり、これは、近年 同寺東近くの縁故地から移転したものです。
このうち1基は、総高133.5センチメートル、無銘ですが、完存してい ます。空・風輪は、その頭書を尖らせており、火輪は高さに比し幅があり、勾配はゆるく、また、ゆるい反りを見せ、厚手で重量感があります。
もう1基は、総高140センチメートルで、空輪頭部や火輪の一部が欠損してい ます。各輪には、大日法身真言(ア・バン・ラン・カン・ケン)の五梵字を刻んでいます。
この2基は、鎌倉時代末期の前後とみられ、県内にあるものとしては、古式に属する優品であり、この時期の指標として貴重なものです。


掲載日 平成22年8月26日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー