このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

医王寺大師堂

医王寺大師堂 

名称 

医王寺大師堂
(いおうじだいしどう)

基本情報

江戸時代
貞享3年(1686)

指定

県指定(昭和48年1月12日)

所在地・アクセス

鹿沼市北半田1250
東高野山医王寺
北関東自動車道「都賀インター」から約15分・東北自動車道「鹿沼インター」から約15分
東武日光線新鹿沼駅からタクシーで15分・東武日光線楡木駅から徒歩25分

より大きな地図で 鹿沼市文化財 を表示

所有者

宗教法人医王寺

成り立ち・見所

医王寺大師堂は、唐門の西に東面して建つ入母屋造(いりもやづくり)妻入りの建物で、正面に一間の向拝がついています。外観は、金堂や唐門と同様 、茅葺の屋根をのせますが、正面に入母屋の妻に木連格子の妻飾りがあることで変化を持たせています。内部には、弘法大師を祀(まつ)る厨子(ずし)を安置し、正・側面の舞良戸(まいらど)の内側に大らかな松・桜の大樹が描かれ、天井は格天井(ごうてんじょう)に花鳥を描くなど、さまざまな彩色が施された優美荘重な建造物です。 棟札から貞享(じょうきょう)3年(1686)の造営としれ、厨子については明暦(めいれき)3年(1657)の制作 とされています。


掲載日 平成22年8月19日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー