このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 刀(大小拵付) 細川仙之助正守

刀(大小拵付) 細川仙之助正守

刀(大小拵付)細川仙之助正守    刀(大小拵付)細川仙之助正守    刀(大小拵付)細川仙之助正守

名称 

(大小付)
(かたな だいしょうこしらえつき) 

基本情報

細川仙之助正守 

1857年 江戸時代
 

・作陽幕下士細川主馬佐正守(刻印) 應鈴木富教需造之
裏銘・安政四年丁巳十一月日

長さ72.0センチメートル・反り2.1センチメートル・目くぎ穴2個

指定

市指定(昭和40年4月24日) 

所在地・アクセス

日光奈良部町 

所有者

個人蔵 

成り立ち・見所

安政(あんせい)4年(1857)、正守(まさもり)36歳のときの作です。十分な身幅で、表裏に棒(ぼう)、添樋(そえひ)を彫っています。 鍛え板目肌に流れ心があり、刃文丁子乱(みだ)れに が入り、帽子は乱れ込んで小丸(こまる)に返っています。銘から知られるとおり、名主の鈴木富教(とみのり)の注文に応じて製作されました。

 

脇指 

名称 

脇指
(わきざし) 

基本情報

1858年 江戸時代
 

表銘・作陽幕下士細川正守(刻印) 應鈴木富教需造之
裏銘・安政五戊午年二月吉日
 

長さ46.0センチメートル・反り1.3センチメートル・目くぎ穴1個 

成り立ち・見所

安政(あんせい)5年(1858)、正守(まさもり)37歳のときの作で、表裏に棒樋、添樋を彫っています。鍛えは板目よくつんで精美、刃文は小丁子乱れで、足がよく入っています。

 

名称 


(こしらえ) 

成り立ち・見所

大小の打刀(うちがたな)拵の鐔(つば)は撫木瓜(なでぼけ)型、正守の作で、切羽(せっぱ)台に銘を刻んでいます。小柄(こづか)の穂(ほ)も正守の作です。 


掲載日 平成22年8月24日 更新日 平成28年11月15日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー