このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 鉄造 薬師如来坐像

鉄造 薬師如来坐像

鉄造薬師如来坐像の写真

名称 

  鉄造  薬師如来坐像
  (てつぞう  やくしにょらいざぞう) 

基本情報

  1218年 鎌倉時代

  像高 50.8センチメートル 

指定

  県指定(昭和37年4月24日) 

所在地・アクセス

  上石川166(薬師堂) 

所有者

  上石川1区・2区自治会 

成り立ち・見所

  建保(けんぽ)6年(1218)銘を有するわが国の在銘鉄仏(てつぶつ)としては最古の貴重なものです。小像ながら無垢(むく)の鉄造のため83キログラムとかなり重量があります。眉、目、唇、三道(さんどう)などの隆起や衣のひだなど、単純素朴な表現で、稚拙な鋳造(ちゅうぞう)技術が目立ちます。火災にあったことなどから腐食が進み、右手の臂から先、左手先を失い、右膝の一部も割れています。銘文により、地方豪族であった藤原氏(宇都宮氏か)などが地方鋳物師(いもじ)坂本某に造らせたものと考えられます。

背面銘文


掲載日 平成22年8月26日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー