このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 刀 二代 細川主税佐正義

刀 二代 細川主税佐正義

 

刀二代 細川主税佐正義    刀二代 細川主税佐正義    刀二代 細川主税佐正義

名称 


(かたな)

基本情報

二代細川主税佐正義

1837年 江戸時代
 

・呂文□云侮刀侵秋水秋(刻印)水誰難(推定)摧正義巧冶煉剛制茲利
裏銘・刃似靄厓靄厓帯以自禦丁酉年季秋立原任識

長さ65.0センチメートル・反り2.0センチメートル・目くぎ穴1個 

指定

市指定(平成2年3月31日) 

所在地・アクセス

幸町2丁目 

所有者

個人蔵 

成り立ち・見所

天保(てんぽう)8年(1837)、二代正義(まさよし)52歳のときの作です。文人好みの優美な細身(元幅2.6センチメートル)で、表裏に棒(ぼう)、添樋(そえひ)を角留(かくど)めに彫っています。地肌は無地、刃文互の目丁子乱れです。保存状態はそれほど良くありません。この刀の見所は、注文主だった水戸藩士で画家の立原杏所(たちはらきょうしょ) による銘文にあります。杏所は渡辺崋山(かざん)、高久靄厓(あいがい) とともに谷文晁(ぶんちょう)門下の三羽烏と称され、靄厓のパトロン的存在でした。銘文の大意は「正義は刀鍛冶の技に長じ、硬い鋼鉄を自在に鍛練、鋭利な刀を鍛えあげた。刃文はあたかも靄厓の描く絵心と共通するものがある」と鹿沼の代表的な文化人両名を賛えたうえで、靄厓に「この刀で身を守れ」と励ましています。


掲載日 平成22年8月24日 更新日 平成28年11月15日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー