このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 銀座1丁目屋台

銀座1丁目屋台

 銀座1丁目屋台

名称 

銀座1丁目屋台
(ぎんざいっちょうめやたい) 

基本情報

江戸時代

間口(柱端間、柱幅含)1.76メートル・奥行(前後柱端間、柱幅含)3.12メートル・高さ(箱棟上部まで)3.77メートル 

指定

市指定(昭和61年9月13日) 

所在地・アクセス

銀座1丁目1870-1
 

屋台のまち中央公園屋台展示館に展示(久保町屋台・銀座2丁目屋台も展示)
入館料:一般400円、高校・大学生300円、小・中学生200円
JR鹿沼駅前「鹿沼駅前」・東武新鹿沼駅前「鳥居跡町」からバス「久保町」下車すぐ
 

「銀座1丁目屋台案内図」のページをご覧ください。

所有者

銀座1丁目自治会 

成り立ち・見所

鹿沼屋台の中では製作年代が古く、標準屋台の奥行12尺(3.6メートル)どりに対し、本屋台は10尺(3メートル)どりで、小型屋台に分類されます。彫刻屋台としては優品ですが、豪壮な白木(しらき)彫刻に対して、朱塗(しゅぬり)高欄や金彩色格子(こうし)の外障子、美しい鍍金金具(ときんかなぐ)で飾られた車体は黒漆塗(くろうるしぬり)という、調和を欠く面もあります。これは文化(ぶんか)11年(1814)頃彩色彫刻を施した旧屋台が製作され、後になって車体はそのままに、現在見られる白木彫刻につけかえられたためです。現在の彫刻は天保(てんぽう)3年(1832)から安政(あんせい)2年(1855)にかけて製作されました。これには複数の彫物師が従事しましたが、作者名が明らかなのは、富田(とみた)宿の磯辺儀左衛門(凡龍斎信秀)ひとりです。 


掲載日 平成22年8月24日 更新日 平成28年11月15日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー