このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 古瀬戸印花菊文瓶子

古瀬戸印花菊文瓶子

古瀬戸印花菊文瓶子

名称 

古瀬戸印花菊文瓶子
(こせといんかきくもんへいし) 

基本情報

鎌倉時代
高さ27.8センチメートル・胴径18.0センチメートル・口径4.5センチメートル・底径8.7センチメートル 

指定

県指定(昭和37年4月24日) 

所在地・アクセス

上久我 

所有者

個人蔵 

成り立ち・見所

人為的に欠かれた口縁(こうえん)部や、出土の際、器内に骨片があったといわれることから、この器は火葬骨蔵器と推測されます。出土地の上久我字寺畑(かみくがあざてらはた)は現在山林となっていますが、地名からもかつては墓地であったことが推測されます。上肩部に43弁の菊花文、胴上部に4個の菊花文を配し、肩にかかった灰釉(はいぐすり)は淡緑色を呈し、やや黄緑色をおびた胴下半部に数条流れています。上久我は鎌倉時代から豪族久賀氏が土着していたとの伝承があり、瓶子の出土地付近からは6基の板碑(いたび)(市指定文化財・考古資料)も出土しています。 


掲載日 平成22年8月23日 更新日 平成28年10月25日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー