このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 金銅 誕生仏像

金銅 誕生仏像

 金銅 誕生仏像

名称 

金銅 誕生仏像
(こんどう たんじょうぶつぞう)

基本情報

江戸時代

像高30.0センチメートル  台座14.5センチメートル 

指定

県指定(昭和57年8月27日) 

所在地・アクセス

鹿沼市北半田1250
東高野山 医王寺
北関東自動車道「都賀インター」から約15分・東北自動車道「鹿沼インター」から約15分
東武日光線新鹿沼駅からタクシーで15分・東武日光線楡木駅から徒歩25分
 


より大きな地図で 鹿沼市文化財 を表示

所有者

宗教法人医王寺 

成り立ち・見所

金銅誕生仏像は、総高45センチメートルで、台座に「下野東高野山  応弁現当安楽造之  寛文五年乙已四月八日」とあることから、1665年の作とわかります。
両足下の踏分け、蓮台も古風に倣い、端正な誕生仏です。
同年代の花御堂も現存しており、山内堂宇の完成を祝し、人々の安楽を祈る「花まつり」のために造られたものです。
いわゆる「天上天下唯我独尊」の場面をあらわした灌仏で、踏分蓮華になっています。敷茄子(しきなす)、反花(かえりばな)、二段葺六角框座という念入りの形式であ り、普通、頭髪は螺髪(らほつ)ですが、これは筋髪としています。幼児の相貌(そうぼう)は やや不明瞭ながら、手や足の指先などの細部もよく抽出されています。


掲載日 平成22年8月20日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー