このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 銅造 地蔵菩薩半跏像

銅造 地蔵菩薩半跏像

銅造 地蔵菩薩半跏像

銅造 地蔵菩薩半跏像銅造 地蔵菩薩半跏像

名称 

銅造 地蔵菩薩半跏像
(どうぞう  じぞうぼさつはんかぞう)

基本情報

江戸時代(寛政9年)

像高251cm

指定

栃木県指定有形文化財(彫刻)
指定年月日:昭和52年9月13日 

所在地・アクセス

鹿沼市北半田1250
東高野山 医王寺
東武日光線東武金崎駅下車、リーバス粟野支所行き「医王寺」下車徒歩3分


より大きな地図で 鹿沼市文化財 を表示

所有者

医王寺 

成り立ち・見所

銅造 地蔵菩薩半跏像は、像高251cm、寛政9年(1797)、 佐野(天明)の鋳物師 丸山善太良藤原重政の手によりつくられました。頭を丸め、身に納衣(のうえ)・袈裟(けさ)をまとい、左手に宝珠をもち、右手には錫杖(しゃくじょう)をもっている、いわゆる僧形の地蔵菩薩ですが、左足を 踏みくずした半跏像としているところが珍しく特徴的です。
室町時代以降、茶釜製作などで「西の芦屋、東の天明」といわれた佐野天明のすぐれた鋳造技術を今に伝える貴重な文化財です。


掲載日 平成22年8月20日 更新日 平成30年11月22日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー