このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 木造 不動明王および二童子像

木造 不動明王および二童子像

木造 不動明王および二童子像

名称 

木造 不動明王および二童子像
(もくぞう ふどうみょうおうおよびにどうじぞう) 

基本情報

平安・鎌倉時代
 

[不動明王]95センチメートル
[矜羯羅]51.5センチメートル
[制叱迦]47.5センチメートル 

指定

県指定(平成4年4月28日)

所在地・アクセス

 


より大きな地図で 鹿沼市文化財 を表示

所有者

宗教法人医王寺 

成り立ち・見所

木造 不動明王像は、頭頂に七莎髪を置き、辮髪(べんぱつ)を左の肩口にたらし、下の歯で右上の唇を噛む不動明王十九観にならっ てつくられた像です。左手に羂索(けんさく)、右手には宝剣を持つ像高は95センチメートルで平安時代の製作です。
矜羯羅(こんがら)像は像高51.5センチメートル、左手に独鈷杵(とっこしょ)を持ち、右手は中の不動尊に向けて蓮華をかかげています。 一方、制叱迦(せいたか)像は、右手に棒を持ち左手は斜め前方の不動尊を見上げる形をとります。像高47.5センチメートルで、ともに鎌倉時代の製作です。 
 

鹿沼市北半田1250
東高野山 医王寺北関東自動車道「都賀インター」から約15分・東北自動車道「鹿沼インター」から約15分
東武日光線新鹿沼駅からタクシーで15分・東武日光線楡木駅から徒歩25分
 


掲載日 平成22年8月23日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー