このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 木造 千手観音菩薩坐像

木造 千手観音菩薩坐像

木造 千手観音菩薩坐像

名称 

木造 千手観音菩薩坐像
(もくぞう せんじゅかんのんぼさつざぞう) 

基本情報

鎌倉時代

寄木造

像高51.4センチメートル 

指定

市指定(昭和56年3月31日) 

所在地・アクセス

千手町2610(千手院) 

所有者

鹿沼市 

成り立ち・見所

材質は檜(ひのき)材、布貼(ぬのばり)漆箔で、肉身部には金泥(きんでい))彩を施し、玉眼がはめ込まれています。引き締まった口元や張りのある頬など、写実的で端正な面相の示す様式的特徴、並びに、金泥彩の材質、蟻ほぞの時代的特色をはじめとする技法全般から、鎌倉時代末期の作と推定されます。化仏 11面中6面、脇手(わきて)38臂(ひ)中13臂、宝鉢手2臂などは後補です。また脇手の持ち物はすべてなくなっています。舟型光背と蓮華(れんげ)九重の台座(だいざ)は江戸時代中期の作で、台座の底部に「江戸神田かぢ丁二丁目大佛師平井半兵衛さく」の銘があります。  


掲載日 平成22年8月23日 更新日 平成28年11月14日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー