このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

押原神社本殿

押原神社本殿

名称 

押原神社本殿
(おしはらじんじゃほんでん)

基本情報

江戸時代

指定

市指定(平成19年3月30日)

所在地・アクセス

鹿沼市上殿町875

JR鹿沼駅「鹿沼駅前」からバス「鹿沼商工入口」下車500メートル。
東武新鹿沼駅から900メートル。


より大きな地図で 鹿沼市文化財 を表示

所有者

宗教法人押原神社

成り立ち・見所

押原神社は、社伝によれば大同4年(809)押原宗丸が大和国(奈良県)三輪大神を勧請し、押原郷の総鎮守「杉本大明神」として建立したといいます。
本殿は、屋根をこけら葺とする一間社流造で、桁行3.2メートル、梁間3.0メートル。建築年代については、蟇股(かえるまた)彫刻裏面に享保元年(1716)の銘があることからほぼ同時期であると推定されます。
総体に漆を塗り要所を金箔や彩色を施すなど、江戸時代中ごろの当地方の社殿の形式をよく残しており、寺社建築の変遷を知る上で、重要なものとして指定されました。


掲載日 平成22年8月19日 更新日 平成28年10月25日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー