このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 絹本著色 封候図

絹本著色 封候図

絹本著色 封候図絹本著色 封候図

名称 

絹本著色 封候図
(けんぽんちゃくしょく  ほうこうず) 

基本情報

沈撒

江戸時代

縦1265センチメートル・横132センチメートル 

指定

市指定(平成48年1月30日) 

所在地・アクセス

鹿沼市北半田1250
東高野山医王寺
 北関東自動車道「都賀インター」から約15分・東北自動車道「鹿沼インター」から約15分
東武日光線新鹿沼駅からタクシーで15分・東武日光線楡木駅から徒歩25分

より大きな地図で 鹿沼市文化財 を表示

  

所有者

宗教法人医王寺 

成り立ち・見所

絹本著色 封侯図は、画幅縦126センチメートル・横132センチメートルという大幅です。沈 詮(沈南蘋)乾隆癸亥(1743)の作で、沈詮は、享保年間に我国に南画を伝えた先師の一人です。
この画は三匹の猿侯が、蜂の巣に手を出したばかりに、その逆襲にあっている図です。樹木草花・岩などの表現には南画の描線と皴が用いられています。重厚な落ち着きのある図柄です。
封侯とは、蜂(はち)猿(さる)蝠(こうもり)鹿(しか)の四種の動物は、さいわいを得るという意味で描かれるもので「封侯福禄」という。この画は蜂(ほう)猴(こう)なので「封侯図」といわれています。 


掲載日 平成22年8月20日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー