このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

医王寺客殿

医王寺客殿 医王寺客殿写真

名称 

医王寺客殿

(いおうじきゃくでん)

基本情報

江戸時代
貞享5年(1688)

寄棟造

指定

県指定(昭和58年12月2日)

所在地・アクセス

鹿沼市北半田1250
東高野山医王寺

北関東自動車道「都賀インター」から約15分・東北自動車道「鹿沼インター」から約15分
東武日光線新鹿沼駅からタクシーで15分・東武日光線楡木駅から徒歩25分

より大きな地図で 鹿沼市文化財 を表示

所有者

宗教法人医王寺

成り立ち・見所

医王寺客殿は、講堂の東北に接し、建立年代も講堂と同時期になります。 桁梁は十三間五面の寄棟造で、建坪は、百坪に近く、入側と各部屋の周に壁はなく、戸を払えば百数十畳の大広間となります。 建物の東端の一部は、実は二階建てになっており、押入れの中から出入りする隠し部屋として機能したようです。
大師堂内から発見された棟札により貞享(じょうきょう)5年(1688)の建築と判明しました。
菊の間と呼ばれる西側の二間と入側には、面皮柱(めんかわばしら)や書院の菊水の欄間(らんま)や 長押(なげし)の釘隠し、引手の意匠等、随所に数寄(すき)を極めています。


掲載日 平成22年8月19日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー