このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 絹本著色 双鶴の図

絹本著色 双鶴の図

絹本著色 双鶴の図

名称 

絹本著色 双鶴の図
(けんぽんちゃくしょく そうかくのず) 

基本情報

荒井寛方

昭和時代(戦前)

縦137.5センチメートル・横51.0センチメートル 

指定

県指定(昭和54年8月28日) 

所在地・アクセス

万町 

所有者

個人蔵 

成り立ち・見所

荒井寛方(かんぽう)の作です。雌雄の丹頂(たんちょう)鶴は古来から繰り返し描かれていて、それだけに優れた作品にするため創意工夫が必要とされる画題です。この作品は、天空に向かって背伸びをして友を呼ぶ雄鶴に重点を置き、雌鶴をその後ろに重ねて配することで、2羽の鶴を一つの美しい統一体として表現しています。雌雄の鶴の仲睦まじい姿を浮かび上がらせるとともに、まとまった一つの量塊としての把握を試みているのです。そこに画家寛方の工夫が見られます。  


掲載日 平成22年8月20日 更新日 平成28年11月15日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー