このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

下田町屋台

 下田町屋台

名称 

下田町屋台
(しもたまちやたい) 

基本情報

江戸時代

間口(柱端間、柱幅含)1.92メートル・奥行(前後柱端間、柱幅含)3.57メートル・高さ(箱棟上部まで)4.29メートル 

指定

市指定(昭和61年9月13日) 

所在地・アクセス

下田町1丁目1219
 

所有者

下田町屋台保存会 

成り立ち・見所

製作は文久(ぶんきゅう)2年(1862)頃から明治初めにかけてのようです。箱棟 までの高さは鹿沼一、逆に土台は最も低いため、彫刻面が広く、覆いかぶさるような鬼板の龍と相まって、豪壮雄大な重量感のある白木彫刻白木造屋台となっています。その重さのために、今でも方向転換の際にテコを利用しています。龍は鬼板のほか各所に見られ、白木彫刻の持つ力強さを遺憾なく発揮しています。脇障子には大鷲(わし)と龍馬を配し、障子回り外欄間などには花鳥の繊細な彫技を見せています。内蹴込み籠彫の玉入り毬は人の目を引きます。彫物師は二代直吉を名乗った石塚吉明です。


掲載日 平成22年8月24日 更新日 平成28年11月15日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー