このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 脇指及び短刀 細川子之助正規 ほか

脇指及び短刀 細川子之助正規 ほか

 

脇指及び短刀細川子之助正規 ほか    脇指及び短刀細川子之助正規 ほか    脇指及び短刀細川子之助正規 ほか    脇指及び短刀細川子之助正規 ほか    脇指及び短刀細川子之助正規 ほか

脇指

名称 

脇指
(わきざし) 

基本情報

細川子之助正規

1895年 明治時代
 

・野■住細川正規作
裏銘・明治二十八年四月日

長さ58.2センチメートル・反りなし・目くぎ穴1個 

指定

市指定(昭和61年2月14日) 

所在地・アクセス

麻苧町 

所有者

個人蔵 

成り立ち・見所

正規(まさのり)の作刀は養父義規(よしのり)との合作がほとんどで、本作のような単独刀は珍しいといえます。明治28年(1895)、56歳のときの作です。明治期に流行した仕込杖(しこみづえ)として鍛えたため反りはありませんが、鎬(しのぎ)で打刀(うちがたな)姿は失っていません。 鍛え板目よくつみ、刃文互の目丁子が交じった美しい作品です。

 

短刀

名称 

短刀
(たんとう) 

基本情報

二代細川主税佐正義

1810年頃 江戸時代
 

表銘・萬年
裏銘・なし
 

長さ28.7センチメートル・反りなし・目くぎ穴1個 

成り立ち・見所

鋭利な感じのする平(ひら)の短刀です。萬年(まんねん)は二代正義(まさよし)の別銘で、25歳前後の作と思われます。 鍛え板目肌で地(じ)、地映(じうつ)りが見事です。 刃文は中直刃帽子は地蔵風に返っています。 中心は、刃上りで栗尻(くりじり)で、後年の特色となるやすり目は見られませんが、化粧やすりがかかっています。 


掲載日 平成22年8月24日 更新日 平成28年11月15日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
〒322-0069 栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー