このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント文化財有形文化財> 久我神社本殿 熊野神社本殿

久我神社本殿 熊野神社本殿

久我神社本殿 (本殿向拝斗(ときょう)間彫刻 本殿向拝斗(ときょう)間彫刻裏面 彫刻銘 本殿向拝斗(ときょう)間彫刻裏面 彫刻銘 

名称 

久我神社本殿 熊野神社本殿  2棟
(くがじんじゃほんでん くまのじんじゃほんでん)

基本情報

1816年 江戸時代

指定

市指定(昭和61年2月14日)

所在地・アクセス

市指定(昭和61年2月14日)
JR鹿沼駅・東武新鹿沼駅前「東武新鹿沼駅」から石裂行きリーバス
「久我神社入口」下車400メートル
リーバスの本数は少ないので、ご注意ください。


より大きな地図で 鹿沼市文化財 を表示

所有者

市指定(昭和61年2月14日)

成り立ち・見所

一間社(いっけんしゃ)流造の久我神社は旧久我村の鎮守社(ちんじゅしゃ)です。旧村内から移転された春日造の熊野神社は、久我神社の境内社(けいだいしゃ)で、両社は隣接しています。再建年代は久我神社が文化(ぶんか)13年(1816)、熊野神社も同年代頃と思われます。久我神社の祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)で後羽目(はめ)に「天岩戸(あまのいわと)開き」、熊野神社の祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)で後羽目に「八またのおろち」など、いずれも日本神話や昔話を題材にした彫刻が配されています。文化財に指定されたのも、この優れた彫刻をもつためで、彫物師は麻苧町(あさうちょう)の旧屋台(やたい) 彫刻(現河内町白沢)や石橋町鈴木家の孔子(こうし)像などを残した磯辺杢斎です。その名前が久我神社向拝軒下(のきした)斗■(ときょう)間彫刻「玉に龍」の裏面に「彫祖甚吾郎ヨリ十一代目 富田(とみた)住左リ杢斎作 ■(ときに)文化十三丙子(ひのえね)八月彫」とあります。


掲載日 平成22年8月19日 更新日 平成28年11月16日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化課 文化財係
住所:
栃木県鹿沼市坂田山2-170(市民文化センター 3階)
電話:
0289-62-1172
FAX:
0289-65-6742
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー